トップページ >  悩み別シャンプー選びのコツ >  ダメージ髪(カラー、パーマ)

ダメージ髪(カラー、パーマ) におすすめのシャンプーは!?

カラー、パーマ、縮毛矯正etc....


髪のオシャレのためにやることはたいてい髪と頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。カラーリングやパーマ、白髪染め、縮毛矯正などなど。脱毛の原因になるものもあるので本当に何のためにやるんだろうという感じがします。


カラーリングやパーマ直後はかなりダメージが残っているので摩擦が絶対のNG。頭皮もデリケートになっているので、ゴシゴシ洗いにも気をつけて。さらに髪のpHもアルカリ性に傾いているので本来の弱酸性に戻す必要があります。

ダメージ髪(カラー、パーマ) におすすめのシャンプーランキング<Best3>

ジョンマスターオーガニック

精油の心地よい香りととろりとしたテクスチャーでカラーやパーマによる傷みや乾燥を癒し、髪に光沢としっとりした潤いを取り戻します。
価格:2,415円 内容量:236ml

パンテーン

枝毛や切れ毛などのかなり損傷が激しい髪を補修する本格的ダメージケアシャンプー。1本1本の毛先まで補修します。

資生堂 TSUBAKI

2つの贅沢成分がパーマ・カラーによる髪の傷み、枝毛やゴワつきを、髪の内側から徹底補修。椿オイル配合。

ダメージ髪(カラー、パーマ)と相性がいいのはシリコンorノンシリコン?

サロン専売品のほうが高品質な気がします。


実は毛髪内のヘアカラー染料の流出を防ぎ、メラニン色素の流出も防いでくれる資生堂のルミノジェニックシャンプー&トリートメントというおすすめ品があるんですが、これはサロン専用品。


他にもダメージ補修やカラー流出を防ぐいいシャンプーはサロン専売というものも多いです。行きつけの美容室でカラーリングやパーマをした後は何を使っているかなどちょっと聞いてみるといいと思います。


掘り出し物のいいシャンプーがあるかもしれません。


個人的にカラーやパーマなど髪を傷めることをしておいて、ダメージを軽減するシャンプーを使うというのは本末転倒だと思っています。下剤と下痢止めを一緒に飲んでいるようなものですから。


今後も継続的にカラーリングしたり、パーマを当てるという場合は、ノンシリコンにしたほうが染まりもかかりもよくなります。白髪染めをする場合も同様です。(→白髪を上手く染める方法・テクニック集)ただ、単にダメージだけ補修するのならシリコンのほうがいいですね。