トップページ >  シャンプーに関するQ&A >  正しいシャンプーのやり方は?

正しいシャンプーのやり方は?

シャンプーの目的は『汚れを落とすこと』


シャンプーで大事なのは髪を洗うのではなく、皮膚である頭皮を洗うものだということです。頭皮は新陳代謝が活発で肌でいう古い角質にあたる頭皮の垢(=フケ)も多く、皮脂腺や汗腺の働きも盛んなので汚れやすい部位です。


そのため頭皮の汚れや皮脂を洗い流して清潔に保つというのがジャンプ―の目的になります。


シャンプーのやり方ですが、


1、ブラッシングをして髪のもつれをとかしておく(髪の長い人限定)


髪は濡れると絡みやすくなるので予めクシやブラシでもつれをとかしておきます。髪がもつれたままだと洗うときに無理な力がかかるのでダメージの原因になってしまうからです。クシやブラシで髪をとかすだけでも埃や抜け毛はある程度落とせます。


2、髪と地肌を濡らし、予備洗いしておく


脂汚れ以外は基本的にお湯で素洗いするだけでほとんどを落とすことができます。普通シャンプーを使う前には髪を濡らして軽く洗っていると思いますがあれが、予洗いです。無意識にやっている人のほうが多いと思います。


予洗いをしておくことでシャンプーの泡立ちがよくなり、髪や頭皮を傷めずにまんべんなく洗えるようになるので、これまで軽く濡らす程度だった人はシャンプー後のすすぎぐらいに予洗いするようにしてみてください。


3、手の上でシャンプーを泡立ててから使う。


洗顔のときにしっかり泡立てるのと同じで、シャンプーも泡立ててから使ったほうが頭皮との摩擦を避けられるので負担を減らすことができます。1度洗いか2度洗いかということですが、予洗いをしっかりすれば基本的に1度洗いで十分だと思います。


4、襟足から上へ向かって洗う


襟足から上へ向かって後頭部→頭頂部→前頭部→生え際という順番で洗っていきます。この際に指の腹で頭皮をマッサージすると血行促進に有効です。頭皮を擦らないように小刻みに頭皮を揺り動かすようにして洗ってください。


5、すすぎは十分に行う


シャンプーにおいてかなり重要なのがこのすすぎです。肩程度までの長さの髪の場合、4分以上すすがないとシャンプーの成分が残ってしまうともいわれます。そのため、すすぎが悪いとフケやかゆみ、場合によっては抜け毛の原因になるのでしっかり洗い流します。


シャンプーはほとんどの人が毎日していると思いますが、2日に1回ぐらいでも本来は十分なものです。1日に何回も洗いすぎると問題がでてくることについては、洗いすぎが頭皮環境を悪化させるという事実で解説してあります。


ただ、整髪料を使っている人はかならずその日のうちに落とす必要があるので、整髪料を使った日は必ずシャンプーしてください。